game log

ゲームの話とか、FateGOとか。

FateGOでのオススメな星1、2サーヴァントその2

f:id:nabe_otoko:20160920003533p:image

 プリズマ☆イリヤコラボイベントのプリズマ☆コ―ズももう終わり。
これをキッカケにFGOを始めたといった方も多いのではなかろうか?
ということで今回は初心者向けに序盤のオルレアンを救うためにお世話になるアサシン2体、そして初心者から抜けた人向けに、キャスター2体のオススメを紹介しようと思う。 
 

 

f:id:nabe_otoko:20160920005417p:image
 佐々木小次郎はアサシンのサーヴァント。
星1なのでフレンドポイント召喚で排出されやすく、育成も容易なので引いたら序盤のオルレアンでのライダー戦はほぼ彼に一任してもよいのではと思うぐらいには良いサーヴァントである。
 
スキルも
回避付きのクリティカル威力アップ
スター獲得
スター発生率アップ
とアサシンのクリティカルスター生成能力に相性のいいものをもっているし、
宝具もスター生成能力付き
クリティカルスター関係に徹底している
引いた初心者は彼を使用してクリティカルというシステムについて触れて覚えて行くとよいだろう。
 
そんな彼だが難点があり、星1特有のステータスの低さが、最低は一つある突出した能力でごまかしが効いている他の星1達に比べるとどうしても平均的なスター生成というアサシンが皆所持している能力ではごまかしきれていない。
序盤は良いのだが、前半を抜けてメインクエスト3章4章と進めていくとその脆さ、攻撃の貧弱さ、そしてスター生成能力の物足りなさが突出してくる。
 
その物足りなさを補う為の宝具強化、スキル強化等が実装されていないため、今の所の小次郎の強化手段はフォウくん、聖杯転臨のみ。
しかしどちらも貴重な強化手段であり、リターンも小次郎の性能を考えると微妙な所ではあるし、小次郎の貧弱さに悩む程メインクエストが進んでいるのならば、ステータスやスペックが更に高い、後述の呪腕のハサンや星3アサシンを持っていてもおかしくはない為オススメは出来ない。
ただ、このゲームはキャラゲーである以上、お気に入りの小次郎を後半も使いたいというのであれば、それもまた然りであろう。
 
総合的に小次郎を評価するのであれば、
序盤のクリティカルスター関連チュートリアルキャラ
としてオススメ出来るサーヴァントではあるものの、後半はその貧弱さからあまりオススメは出来なくなり、大抵の場合自動的に戦闘メンバーから外れるキャラといった所であろうか。今後にヒット数追加、宝具とスキルの強化があればそこから化ける可能性も無きにしも非ずなのだが。
 
 呪腕のハサン
f:id:nabe_otoko:20160705072656p:image
 呪腕のハサンはアサシンのサーヴァント。
星2のサーヴァントなので排出はされにくいが、引いたならば自身よりも高いレアリティのアサシン並みかそれ以上に活躍する事請け合いのサーヴァントでもある。
 
クリティカル威力アップ
スター獲得
スター発生率アップ+3回回避
といった先の小次郎と似たようなスキルを持っているが、注目すべきなのは
3回回避のスキルである「風除けの加護」
これは星3のクーフーリンが所持している強力なスキル、
「矢除けの加護」とほぼ同様の効果
であり、これによってHPの低い低レア鯖であるにも関わらず、
生存率を高く保てる
のが非常に強力。
 
小次郎と比べると宝具のスター生成がないものの、宝具にはその代わりに高い即死効果が付いている上に、ステータスの低さを補う場持ちの良さで小次郎よりも安定したスター生成生活が認可される。
ただ、場持ちのよさを発揮する第三再臨に必要な再臨素材が第4章以降のフリークエスト、リニューアルされた修練場、イベントでのドロップ狙いかイベントの交換というちょっとしたハードルの高さが初心者には辛い所。
なのでオルレアン救国を一先ず終えた後の本格的なハサンの運用は中盤、後半以降になるだろう。
しかし、中盤、後半になってもハサンの活躍の場は大いにある上に、これではもの足りないと感じてフォウや聖杯を注ぎ込んでも、その分応えてくれるだけの十分なスペックがある。
 
アサシンが足りない時は即スタメン入り出来、
ずっと使い続けられる信頼性の高いアサシン。
それが呪腕のハサンというサーヴァントである。
 
f:id:nabe_otoko:20160920004608p:image
 モーツァルトはキャスタークラスのサーヴァント。
星1のキャスターであるが、物凄い尖ったサポート性能をしているので、普通のサポートキャスターを求めているのであれば、こちらではなく前回オススメしたアンデルセンの方をオススメする。
 
アーツ強化、敵宝具威力ダウン、スター獲得スキルを所持している。
中でも、1ターンだけだがその分強化の割合が大きいアーツ強化の「音楽神の加護(偽)」
lv1だとクリティカルスター20個、
lv10だと実質的なクリティカルスターの限界値である50個を獲得できる「小さな夜の曲」
この二つの強力なスキルを上手く利用して味方をサポートするキャスターである。
前回紹介したアンデルセンとは違いゆっくり宝具でパーティ全体を強化するタイプではなく、
スキル発動で即効性のある強化をかけられるキャスター。
 
星1の為ステータスは低いものの、オーダーチェンジなどで出してすぐパーティを強化といったような芸当も出来るため運用は楽。
しかしながら強力な「小さな夜の曲」は、最終再臨後の強化クエストで習得する事や、アーツ強化を活かせるサーヴァントは初心者は持っている事が少ない為使いにくい事などを考えると、ある程度戦力を整えた時に片手間に育てる事をオススメしたい。
 
即効アーツ強化、スター供給が魅力的なので寝かせている方は育ててみてほしいと思うサーヴァントである。星1なので育成も容易でオススメだ。
 
f:id:nabe_otoko:20160920004935p:image
 シェイクスピアはキャスタークラスのサーヴァント。
 こちらもモーツァルトと同じく少し尖ったタイプのサポートタイプといった感じのキャスターだが、こちらの方が多少扱い易い。
 
バスター強化、無敵+回復、NPチャージ+スター発生率UPのスキルを所持しており、
特に
「エンチャント」
のバスター強化能力は、1ターンのみの強化だが強化の割合が大きいので強力。
最終再臨後の強化クエストで習得する
「国王一座」
のNPチャージとスター発生UPは、NPチャージはいくらスキルレベルを上げようと20で一律だが、
スター発生率の上げ幅が大きい
ので複数hitの攻撃や宝具に合わせるといつも以上にボロボロとスターが落ちる。
 
モーツァルトと同じようにじっくりとサポートをしていくタイプではないが、「自己保存」のスキルでモーツァルトよりも生存力を確保しているし、
その上シェイクスピアを活かそうとするとバスター多めになりがちなパーティのアーツ補給要員にもなり、それに自身の宝具がバスター属性攻撃宝具で複数hitなのでエンチャント、国王一座の恩恵も受け易く、バスターチェインもしやすくなる。
その為単なるオーダーチェンジ要員のみならず、スタメン入りも視野に入れておいてもよいだろう。
 
即効バスター強化と、NP供給に高いスター発生率アップといった
クセがあるものの強力なサポート能力を持ったキャスターなので自身のバスター中心のパーティを強化したいという方にはオススメのサーヴァントだ。